DIYで屋根交換!旦那さんの実家の小屋の屋根を交換したよ【DIY体験談】

わいわいDIYではDIYの体験談を紹介しています。

今回は小屋の屋根を夫婦でDIYしたという話ですが

なんと奥さんが頑張られたようです。

そして経費削減の為に今までの材料を

再利用して使用されました。

どんな苦労があったのでしょうか?

それではいってみましょう。

スポンサードリンク

小屋の屋根をDIYしてみた。

今回は夫婦でDIYするのが趣味だという

女性から頂いた体験談になります。

小屋の屋根が劣化したので交換されたようですが?

私は旦那さんと物を作るのが趣味です。

今までも色々やりましたが、

今回は旦那さんの実家の小屋の屋根の

交換をDIYしてみました。

屋根の交換はいくら位?

まず、経費の面から紹介すると、

屋根の交換ではプラスチック製の

トタンのような屋根にする場合、

一番安いものでコンパネサイズで

1枚1,000円くらいです。

今回使用するサイズとしては、

コンパネサイズで4枚分です。

ですが、今年の春に私の実家で解体した際に

見つけた色付きの屋根があったので

それを使う事にしました。

色は水色で長さは、おおよそですが2メートル位です。

幅は90センチくらいのモノです。

購入するとなるとこれだけで、3,000円はします。

チェック済みです。

長さがある分、今回は2枚使用します。

スポンサードリンク

小屋の屋根に上るのは注意!

張り替える、小屋のサイズは畳一畳ほどでしょうか。

除雪機と、冬のスコップなどを収納するだけの

小屋なので、大きい物ではありません。

高さは、だいたいですが高い所だと

2メートル位で低い所だと180センチ位です。

私も、旦那も2人で屋根に登るのは

危険と判断して、今回は私が登る事にしました。

なぜなら旦那は80キロ近いので、下で落ちないように

見ていてもらう事にします。

奥さんが屋根に上ったんですね。

DIYと言えど屋根の上は危険なので

DIYしようと思っている方は

細心の注意を払ってくださいね!

履物もしっかり選ぼう!

あと、屋根の張り替えの際には必ず

滑らないタビを履きます。

大工さんとかが履くようなものです。

出来るだけ底がゴムの物がいいと思います。

オシャレ大工さん的な感じで

見た目で買ってしまうと滑りますよ^^;

私は実家で高さ3メートルまで、

上がって経験しました。

買うと、高いものだと結構な値段がしますが

職人でないので4,000円以内の物を

買って準備しました。

私の父が、大工の素質があるといって

買ってくれたものです。

安くすませたいので足のサイズが合わない

旦那さんの靴は買っていません。

スポンサードリンク

屋根のDIYは慎重に!!

まずは屋根に上がり、釘抜きとトンカチが

一緒になってるもので、傘釘を抜きます。

抜いて見ましたが、交換が必要なほど

劣化していなかったので、

屋根の上から直接重ねていくことにしました。

ここで注意したいのが、新品のタキロンは

滑りやすいです。

(タキロンは、トタンの透明なやつです。)

なので出来ることなら、業者さんにお願いするのが

一番だと思いました^^;

でも、姑がタキロンを邪魔扱いするので

やるしかなかったのです。

屋根の上から、並々を3個飛ばしに打っていきました。

打つ時は下の屋根の木を叩きながら

確認して打つようにしました。

あと、もちろん足をかける場所も

木が通っている所ですね。

今回はタキロンを剥がしてないので、

1時間位で終わりました。

無事、終了して何よりです。

ちなみに、うるさい姑は私が屋根に

登るのを反対しました。

でも、最後までもう少し前とか後ろとか

○○さんお願い〜と言っていました。

今回の件は、傘釘だけで済んだので

500円で屋根完成です。

まとめ

奥さんが屋根に上って屋根をDIYされた

という体験談でした。

DIYは楽しいですが注意しないと

大けがにつながることもあります。

高い所での作業や工具をつかった作業は

特に注意が必要ですね!

事前準備をしっかりしてケガがないように

楽しくDIYしましょう!

今回もありがとうございました。