DIYで部屋を素敵に!タイル貼りでガウディのように部屋を飾ろう!【DIY体験談】

わいわいDIYではみなさんからのDIY体験談を

ご紹介しています。

今回は部屋を自分好みにタイル貼りで

装飾してみたという方からの体験談です。

タイルを貼り付けた部屋は

ちょっとひと工夫で素敵な空間に

仕上がったようです。

それではいってみましょう!

 スポンサードリンク

ガウディのように!

私はスペインの有名な建築家

アントニオ・ガウディの作品が好きでした。

彼の作品はタイルを崩して

それを壁に貼り付けて行くというもので

カラフルな壁面とタイルの輝きが

本当に美しいんです。

そんな想いで彼の作品集をいくつも読み漁っていた時

自分でもこの部屋をカラフルに彩りたい

と思うようになりました。

真っ白な家具をタイルで素敵にDIY!

部屋を見渡した時、窓辺の台と真っ白な家具

あったのでその二箇所にタイルを貼り付けることに

決めました。

まずは、材料になにが必要なのかと

作り方を調べました。

必要な材料は好みの2色以上のタイル

タイルとタイルの隙間に埋める

目地という粘土のようなものでした。

案外材料は少なくすみそうでした。

スポンサードリンク

DIYの材料は東急ハンズで!

早速DIYの材料が揃いそう

新宿のトーキューハンズに行くことにしました。

東急ハンズで材料を揃えると

早速作業に取り掛かりました。

まずはタイルを粉砕!!

まずは買ってきたタイルを全部

布袋のようなものに入れて

袋の上からハンマーのようなもので打ち

タイルを砕いていきました。

袋に入れたのはタイルが四方八方に

飛び散らないようにするためです。

ビニールとかの袋だと叩いたり

タイルの鋭角部分に刺さり破けやすいかなと思い

布の袋にしました。

タイルを並べて目地で埋めます

そして板にタイルを無造作に並べていきます。

タイルとタイルの間は目地で埋めていくので

5ミリ程度隙間を開けていきます。

並べ終わったら目地を水で溶かして、隙間に詰めていきます。

作業的にはだいたい一日あれば出来上がります。

スポンサードリンク

バルセロナにいるような素敵な部屋に!

殺風景だった部屋がカラフルな色とタイルの輝きで、

まるでスペインのバルセロナなにいるような

素敵な部屋に仕上がりました。

他の人でこんなこと自分でやってる人

なかなかいないと思うので

オリジナルな部屋に仕上がったと思ってます。

満足してます。

タイルを目地で埋める際の注意点

ただ注意点として、目地でしっかりタイルとタイルを繋げてないと

タイルが取れたりするので丁寧に作業してください。

目地がタイルについてしまった時は

乾いてからでも濡れ雑巾とかで拭き取れますが

まだ固まってないうちに優しく拭き取ってあげたほうが

簡単により綺麗に拭き取れるかなとは思います。

ぜひ試してみてください。

まとめ

ガウディに憧れ、自分の部屋をガウディの

作品のような素敵な空間に出来て

本当に良かったですね!

DIYの醍醐味はこの達成感ではないでしょうか?

上手くいけばそれは最高ですが

上手くいかなくてもそれはそれで

味になると思います。

業者に頼めばそれは完璧な仕事を

してくれると思いますが

DIYだからこその味というのが

あるのではないかと思います!

わいわいDIYではみなさんのDIY体験談を

紹介しています。

あなたのDIYの参考になれば幸いです^^